海外不動産投資に挑戦【ポイントをしっかりとおさえよう】

国によって基準が違う

家とお金

必要なポイントが違う

海外不動産投資で大切なことは、余剰資産で余裕をもって始める事といわれており、ある程度の予算が必要となるでしょう。具体的に必要といわれている予算として挙げられているのは、海外でローンを組まずに不動産を購入できる費用です。海外での金融機関口座開設費用や口座維持費は金融機関によって基準が異なる為、前もって金融機関の情報を確認しましょう。また、海外不動産投資のために不動産物件を購入する場合、物件購入費用だけでなく、書類や弁護士費用も必要です。国や不動産会社によっても対応が異なりますが、国内で不動産物件を売買するのとほぼ同様、それ以上に書類が必要となるでしょう。国によっては不動産売買は弁護士の請け負う仕事となっているところもあるため、国ごとの事情をチェックしなければなりません。外国人がその国の不動産物件を売買できる国はそれほど多くありませんので、魅力と信頼性を確認してから売買してください。海外不動産投資では国内のローン申請は一切通りませんが、海外の企業によっては通る場合もある為、エージェントに確認しましょう。国によっては住宅ローンの申請が可能となる場合もありますが、国内の住宅ローンとはシステムや金利が大幅に異なります。国によって基準が異なる為、信頼できるエージェントに海外不動産投資の基本をアドバイスしてもらってください。基本的に必要とされる物件の価格と、諸費用としてかかる書類費などが加味されて、1千万円未満といわれています。

Copyright© 2018 海外不動産投資に挑戦【ポイントをしっかりとおさえよう】 All Rights Reserved.