海外不動産投資に挑戦【ポイントをしっかりとおさえよう】

マンション

サラリーマンの資産運用法

サラリーマンでも可能なのがワンルームマンション投資です。マンションの一室を購入して賃貸として貸し出すやり方です。家賃収入を部屋を購入した時のローン返済に充てれば、自己資金がなくても運用できます。ローンが支払終われば部屋は自分の資産になります。アクセスがよく日当たりの良い部屋を確保することが大事です。

家

リスクの少ない投資

不動産投資は一般的にリスクの低い投資と言われており、近年、人気が高まっています。株式投資やFXのように経済情勢など予測不能な事態に影響されることが少ないため、安心して投資することができます。万が一の場合にも、不動産の価値が残るためメリットがあります。

お金

手頃な投資手段です

投資マンションで不動産投資を始めれば、家賃収入を得られるだけでなく、不動産市況によっては、売却によってキャピタルゲインを得ることができます。3戸の投資マンションを保有して、経済的自由を手に入れてみましょう。

家

初心者に易しい不動産投資

社会保障としての年金は次第に先細るので、自ら資産形成をして老後に備えるようにしたい。みんなで大家さんが評判なのは、不動産投資であっても初心者でも簡単にできることにある。少額の出資をすれば、毎月安定的に高い利回りを受けとることができる。

家とお金

国によって基準が違う

海外不動産投資ではその国の不動産に関する法律や諸費用の基準が異なる為、前もってエージェントに確認してください。国によって異なりますが、1千万円未満で一戸建ての不動産投資が可能となっている為、お得といわれています。

海外の不動産に投資

スーツの人

管理会社の選び方

不動産に投資することにより家賃収入を得る不動産投資は、国内だけでなく海外の不動産も人気です。海外不動産投資の場合、利回りが高いだけでなく不動産価値が上昇傾向にある物件も多いことから、キャピタルゲインを得ることもできるからです。人気が高まっている海外不動産投資ですが、海外の物件を自分で探すのはリスクが高いため、パートナーとなる管理会社を選ぶのが一般的です。海外不動産投資においては、この管理会社が物件選びから購入後の物件のマネジメントまで行ってくれます。信頼できる管理会社を選ばなければ、当初想定していた通りの収益を得ることができない場合がありますので、管理会社選びは非常に重要です。海外不動産投資の管理会社を選ぶ際のポイントは、同じ業界の人からセカンドオピニオンを求めることです。不動産投資の中でも海外物件を扱っている管理会社は狭い業界ですので、問題のある会社の評判はすぐに広まります。一つの管理会社の意見だけで投資を進めていくのではなく、複数の意見を聞き入れることが大切です。また、管理会社に求められるのは、特に購入後のマネジメントです。投資家が直接現地を見ることはなかなかありませんので、現地での管理体制やスタッフのクオリティが十分にあるかチェックすることが重要です。現地の状況をリアルタイムで把握できる管理体制を持っている管理会社でなければ、安心して投資することはできません。リターンが大きい分だけ、リスクもありますので、しっかりとした管理会社を選ぶことが必要です。

Copyright© 2018 海外不動産投資に挑戦【ポイントをしっかりとおさえよう】 All Rights Reserved.